トップページ > 働イベント:【働】第1回ワタシの店づくり物語 ゲスト山崎しづかさん レポート1

働イベント

親と子の働(はたらく)をテーマにしたイベント開催やイベントのレビュー情報です。「子どもカフェ」イベントやママの為の就業支援セミナー、ティーン向けの職業体験講座などの取組を実施しています。

セミナー・イベントレポート

レポート情報

【働】第1回ワタシの店づくり物語 ゲスト山崎しづかさん レポート1

2016年8月8日14:30から

第1回 ワタシの店づくり物語トークショー in ハーストーリィハウス

ゲストに Swinging Bird Kitchen(広島市西区 焼き菓子とアパレルのお店) 山崎しづかさん を

お招きして、お店づくりのいきさつや経験談をううかがい、「お店作りをしたい」「いつか起業したい」

「何かしたい」という方々を応援する機会を作りました。

 

8月8日はその最初の1回目。山崎しづかさんは、今年4月にご主人とともに、焼き菓子とアパレル雑貨の

お店をオープンされました。すでに人気店として有名で、しづかさんに会ってお話を聞きたい!という

参加者が30名近くも集まってこられました。

 

20160808_1

 

~東京で過ごしていたころ~

もともとはファッションが好きでアパレル業界でお仕事をしていたしづかさんですが

同じものを作り続ける仕事に違和感を感じて実家にもどり

家業であるペンションのお菓子作りを手伝っているうちに、本格的にまなぶことになり

製菓学校へ。その後フードコーディネーターのアシスタントを務め、カフェやパティストリーで

働きつつ、腕を磨いていましたが、結婚を機に専業主婦に。

子どもが生まれてから、お菓子作りの好きな友達と

お菓子教室を開いたり、イベントを企画。雑誌にもたくさん取り上げられるように

なりました。

そして、友達2人は、お菓子のお店を開くようになりましたが、

その時は、お店作りに興味がなかったしづかさん。

いつかはお菓子の本を出版したい・・・という夢が、子育てをしていることがきっかけで

実現をしていきます。

  

 20160808_2

 

~本の出版という夢の実現~

:しづかさんは、著書が8冊。1冊出すだけでもすごいことだと思うのですが、本を出版したいというのは、夢だったんですよね?

:はい。私はお料理本マニアの母の影響もあり、小さなころからずっと料理本を眺めては楽しんでいました。

なので、いつか自分のお菓子の本を作りたいなぁというのが夢で、本の出版ということを意識していました。

 

それは作ったお菓子をデジカメで撮影するときもそうなのですが、ブログを書くときの文章も

本になることを意識して自分らしさを出すことにしていました。

 

:しづかさんのブログはブログランキングで当時1位になったりと、人気ブロガーとして有名だったので、

それがご縁となって、本の出版につながっていかれたと思うのですが、その経緯を教えていただけますか?

 

:ブログは子どもが生まれて、1歳になった時から、少しずつ手が空いてきたので、子育てについて

日記をつけたいなぁと思って、日記代わりに始めました。

そして、好きなお菓子作りや日常のことを書いていました。

そのうち、当時話題だった人気ブロガーの方のブログを見ていたら、

素敵なんですが、お料理やお菓子など作っているものは、あまり私と変わらないレベルだなあと

思って、ブログの書き方を参考にしつつ、自分らしさを意識しながら、毎日ブログを更新

することにしたんです。

 

人気ブログに登録したり、ランキングに参加したりしているうちに、

段々をアクセスがあがってきて、そのうち、出版社の方から声がかけられるようになりました。

 

そのとき、言われたことが、ブログの写真や文章が、そのまま本に使えるね、ということです。

普通は、本にするときにお料理を撮影しなおすのですが、私は、いつか本を出版するという夢が

あり、それを意識した写真や文書をブログに書いていたので、ブログがそのまま本になっていると

思われたのだと思います。

 

ブログのやり方は他の方を真似したり、参考にしましたが、オリジナリティは大切に、盛り付けや文章は

自分らしさを出すようにしていました。

 

私は小さいころから、自分を客観視して、人にどう見られたいのか意識をする子どもだったと思います。

だから、セルフプロデュースを非常に意識していたと今になって思います。

 

 

レポート2に つづく

 

 

 

 

 

 

(2016.08.10)

Page Top