トップページ > 企業と一緒に。:日本昆布協会 食育イベント「みんなでおいしくよろこんぶ」

企業と一緒に。

2013.12.11

日本昆布協会 食育イベント「みんなでおいしくよろこんぶ」

一般社団法人日本昆布協会様の[消流宣伝事業]において
食育イベント『みんなでおいしくよろこんぶ』実施しました。

小学5年生の児童のみなさんへの食育講座です。

================
日時/12月7日(土)
場所/東京都中央区立京橋築地小学校
参加者/5年生60名と保護者
時間/1,2時限目
================

第1部は、協会の会員企業である 築地の吹田商店、吹田社長による昆布講座。

吹田社長

                 ・こんぶの成長
                 ・海の中の様子
                 ・こんぶ漁
                 ・昆布の歴史
                 ・昆布の産地
について、動画やパネル、カギサオや海中メガネなどの
実際に漁の時に使用する道具を見てもらいながらのお話です。 

講座03

「昆布は種類によって形や大きさが違うんだよ。」 
「実際に海の中の昆布の絵を描いてみよう!」 
「昆布は光合成をするために横に成長していくんだよ。」  

始めて聞く話に子どもたちはみんな興味津々!

 

第2部は、昆布大使、調味料マイスターの石川さんによる
「昆布だし」の取り方の実演と試飲です。

講座04

   真昆布・羅臼昆布・利尻昆布・日高昆布の4種類の昆布を 実際に飲んでもらいました。  

昆布4種

どんな味かな?
どれがおいしいかな?

好き嫌い

子供たちの一番人気は、羅臼昆布と日高昆布がほぼ同数 そして 利尻昆布・真昆布の順番でした。

そして、2種類の温かい味噌汁の飲み比べも。
    ・味噌をお湯で溶いたもの 
    ・味噌を昆布だしで溶いたもの

味噌汁飲み比べ

  ほとんどの子ども達は味噌を昆布だしで溶いたものが美味しい と答えましたが、
一部3,4人のお子さんは出汁なしが美味しいという意見でした。

参加してくれた子ども達からは、
「昆布がほとんど北海道で採れることを初めて知った。」
「昆布に色んな種類があることがわかった。」
「昆布だしを初めて飲んだ。」
「昆布を入れた味噌汁と、入れない味噌汁の味の体験ができた。」
「どの昆布が好きかを考えたこと。」
などの感想をいただきました。

参加してくれた京橋筑地小学校の皆さん、一生懸命聞いていただきありがとうございました!

日本昆布協会では、2014年2月にも、大阪で食育講座を予定しています。
次回も昆布大使さんと一緒に楽しい企画を考えていきますっ!

 

 

清水

カテゴリ:プロモーション, 賑わいづくり, 講演・セミナー・その他

Page Top