トップページ > 今日の「オヤとコと。」:鍵っ子の悲劇

今日の「オヤとコと。」

fukuのオヤとコと。

2018.08.23

鍵っ子の悲劇

我が家は共働きのため、子どもたちは小さなころから鍵をもち、

小学生の頃は無事帰宅できるか?

鍵をなくさないか?

鍵を開けたら、留守番できるか?

いろいろ心配でしたが、小学生1年生、4年生くらいが一番心配な時で

中学生になればもう、慣れたもの。

子どももしっかりしてきて心強い。

と思っていたら、先日のコト!

 

やってしまった次男坊。

 

夏休み午前中のクラブ活動をおえ、自宅にもどったら

家の鍵を持ち出すことを忘れていました。

夫は仕事。私は用事で広島を離れてすぐにもどってこれない状況でした。

彼は、汗くさい、泥だらけのユニフォームを着たままで考えました。

友達の家にお邪魔するのは、臭いし汚いので申し訳ない。

とにかくこのピンチを親に伝えよう。でも電話する術がない。お金も持っていない。

しかたなくお隣のおうちの奥様に、電話をかりて、両親に連絡をしていました。

私は留守電にすぐに気が付かず、1時間半放置したころに気が付くという失態。

 

夫は、この暑いのに外でまっていたら熱中症になってはいかん!

職場に事情を伝えて飛び出したら、車で接触事故に巻き込まれ・・。

大きな事故にならずによかったものの、その後車は修理にださないといけないことになり。

 

お隣にもお世話になり、夫の車を破損させ、

当の本人は、暑い中、庭で襲ってくる蚊を15匹、打ちのめしながら

3時間くらい、待っていたそうです。

 

鍵を忘れたら、どういうことになるか、お母さんがいつも

助けてあげられると思ってはいけないよ!と肝に銘じたことと

思います。

 

 

Page Top