トップページ > 今日の「オヤとコと。」:英語保険とは

今日の「オヤとコと。」

fukuのオヤとコと。

2017.08.08

英語保険とは

子どもの習い事について、隣のシミズとお話をしていました。

うちの子は、とんと算数が苦手だから、小さいころに

そろばんを習わせておけばよかったという後悔の念を

切々とシミズに聞いてもらっていました。

また逆にエレクトーンを長年習わせたけれども

兄弟二人とも、音楽の才能はまったくなくて、

先生に申し訳ないほどの、落ちこぼれ。

その落ちこぼれに、長年大枚を使ってきたことも

後悔の一つと、切々と聞いてもらっていました。

 

するとシミズは、

うちは英会話ですよ。と。

高校2年生まで英会話を無理やり通わせて

本人は英語嫌いだと。

あのお金で、海外旅行にあと2回くらいは行けたと

後悔をしていました。

 

その話をしていたら、上野のせっちゃんが

「うちも英会話を習わせてますけど、いつ辞めさせたらいいのか

辞め際が分からないんです。」と話し始めました。

 

「英語はね、ほんと、身になっているのか、どうなんだか、

分からないんです。掛け捨ての保険みたいなもんですよ。

英語保険。」

「そうね、ずっと掛け捨てしてるみたい!」

 

まったくその通りだと、例え話に共感する私たち。

保険かぁ。

子どもの習い事って、掛け捨て保険だと思って割り切らないと

やってられないですね。(笑)

 

fuku

 

Page Top