トップページ > 今日の「オヤとコと。」:池上彰、小学生にも支持層を拡大中

今日の「オヤとコと。」

ゴトウのオヤとコと。

2018.04.27

池上彰、小学生にも支持層を拡大中

小5の息子は、クラスに一人はいるだろうという雑学王キャラです。

フランスって共和国だっけ?フランス国だっけ?

なんてことを、自問自答。

 

質問された母(わたし)は答えにつまって、スマホで検索することもあれば、

「すぐに答えが出るのはよくないよー。人間、妄想が大事」とはぐらかすこともあり…

(息子にパソコンで検索させると、無限にあれやこれや検索しそうで、

なんとなく気軽にパソコンに触らせるのは、躊躇してしまいます)

 

そんな彼の一番好きなテレビ番組は、「池上彰のニュースそうだったのか」!

夜の7時からはじまる番組に、「うわぁー、後〇分で池上彰だ!ドキドキするわー」

と始まる前から興奮。

 

テレビ欄に「池上彰」という文字を発見しようものなら(池上彰、数多の番組に出演されていますね)、

「今日の話題、軍事問題だって!戦闘機でてくるのかなー」

と、番組内容を一人で勝手にシミュレーション。

広島はテレビ東京系が放送されないので、テレビ欄で発見したテレ東系の彰番組を

BSジャパンで後追い録画もしています。

 

池上彰にこんなに魅了されている小学生なんて、うちの息子くらいなものかと思っていたら、

本屋さんのこどもコーナーに、なんと「池上彰」コーナーが!

そして、小学校5年生の社会の教科書には、

池上彰が「はじめの言葉」的なものを任されているそうで、

教科書開いたら、池上彰が出てきて興奮したと述懐しています。

確かに、社会の教科書には出てきそうだと思っていたら、

音読の宿題をしていた国語の「本を選ぼう」的な教材にも池上彰が!

掲載されている数冊の本の一冊が池上彰の本の表紙写真でした。

(教科書に載っていた本のタイトルを調べようと、Amazonで「池上彰 ニュース 子ども」

と検索したら、数百冊の検索結果がでてきて、あきらめました…)

 

池上彰、小学生世代にも、かなりの支持層を獲得している模様です。

うちの息子に影響されて、彰番組を見始めた子の話も聞くし、

そういえば、息子の隣で、娘も黙って彰番組を見ている…

確かに分かりやすいし、子どもに嫌われていたら、

ゴールデンであんなに放送できるわけないなぁと、妙に納得。

 

「彰ウオッチャー」の息子のそばで、ビール片手に彰番組を見る日々は、まだしばらく続きそうです。

Page Top