トップページ > 今日の「オヤとコと。」:うちの定番おもちゃ、無限つみき

今日の「オヤとコと。」

ゴトウのオヤとコと。

2018.04.20

うちの定番おもちゃ、無限つみき

10歳男子、8歳女子、4歳女子、の編成のうちの子どもたち。

息子は、もうおもちゃには興味がなくなってきて、

たまにレゴを欲しがるくらいになってきました。

ちなみに去年のクリスマスはドローン!

 

対して、娘たちは、ぬいぐるみ、リカちゃん人形、シルバニアといった、

わたしも親しんだ定番おもちゃから、ホイップる、ウーニーズ、ウーモ、

ヘアメイクアーティスト…といった知らない人には謎の名称の最新おもちゃまで、

誕生日やクリスマスのたびに増やしておられます。

 

こんな男女が入り混じっている我が家で、おもちゃで共有できているものといえば、、

積み木やブロックくらい。

その中でも、ロングセラーといえるのがニチガンの無限つみき(現MUGEN BLOCKS)です。

(ちなみに外国製で同じようなカプラという商品があり、そちらがオリジナルのようです)

 

無限つみき、聞きなれない方も多いと思いますが、

9㎝×3㎝×1㎝の薄い長方形の同じ形の積み木が、

ひたすら100枚または、200枚セットになっている、とっても地味な風情の積み木ですが

3歳の息子のクリスマスにやってきた無限つみきは、静かなたたずまいであるものの、

確実に子どもを夢中にさせる力を持っていました!

 

まずは、どこまで高く積み上げられるか、子どもの身長を超すような塔からはじまって

ドミノ倒し、迷路、線路、スカイツリー、要塞…など、子どもの想像力に寄り添って

その時々でいろんなものに変化してくれました。

友達が来た時に、数人でやるとさらに盛り上がるのが嬉しいところです。

 

地味なおもちゃには興味を示さない女子たちも、人形さんのお家やままごとセットの

キッチンと、無限つみきを地味に活用しています。

うちに来た子どもがあまりにも夢中になるので、後日無限つみきを購入した

なんて話を、少なくとも3人のママから聞きました(笑)

 

いろんなおもちゃがその時々で通りすぎていきましたが、

根強く残っているのは、子どもの想像力に寄り添ってくれる

こんな素朴なおもちゃだったりするんだなあとしみじみ思います。

インテリアにも馴染むし、片づける時も、なんだか嬉しい気持ちになる

無限つみき、おすすめです。

 

Page Top