トップページ > 働イベント:【働】第1回ワタシの店づくり物語 ゲスト山崎しづかさん レポート2

働イベント

親と子の働(はたらく)をテーマにしたイベント開催やイベントのレビュー情報です。「子どもカフェ」イベントやママの為の就業支援セミナー、ティーン向けの職業体験講座などの取組を実施しています。

セミナー・イベントレポート

レポート情報

【働】第1回ワタシの店づくり物語 ゲスト山崎しづかさん レポート2

ワタシの店づくり しづかさんチラシ

【働】第1回ワタシの店づくり物語 ゲスト山崎しづかさん レポート1 の続きです。

 

2016年8月8日14:30から

第1回 ワタシの店づくり物語トークショー in ハーストーリィハウス

ゲストに Swinging Bird Kitchen(広島市西区 焼き菓子とアパレルのお店) 山崎しづかさん を

お招きして、お店づくりのいきさつや経験談をううかがい、「お店作りをしたい」「いつか起業したい」

「何かしたい」という方々を応援する機会を作りました。

 

P1012079_2

 

:しづかさんは、野菜スイーツの本も出されていますが、野菜スイーツは、これはどういうきっかけで作られるようになったのですか?

:野菜嫌いの子どものために、何か工夫して食べさせられないかなぁと思って、野菜をくわえたおやつを作っていました。

それをブログで紹介していると、「らでぃっしゅぼうや」さんから、野菜スィーツのレシピ連載のご依頼がはいってきて

それから、野菜関連のお仕事が増えてきました。

コモ、エッセ、オレンジページなどにも、掲載されるようになりました。

 

当時はブログしかありませんでしたが、今ならインスタやピンタレスオなどで、レシピや写真を投稿して

ると思いますが、当時から、無理はしていません。

子どもに作ってあげるおやつを、日記代わりに夜ブログにしていました。

 

:いよいよお店作りについて、お話を聞きたいと思います。

お店を作るときは、どうやってお店作りをしましたか?

 

: 当時から、いつもトレンドを意識していて、テレビや雑誌を見ていても、

何が流行っているのか、よく注意していました。インスタや、ピンタレストでも、好きな画像や風景、お店などを

取っていたので、お店のイメージはすぐできました。そしていいなと思ったことは

どんどん取り入れました。

私たちは準備資金がほとんどない状態でしたので、中小企業センターにまずは相談にいって

何をどうはじめたらいいかを教えてもらいました。

お店の物件を探していて、気が付いたことは、最初は古民家などを改装して・・と

覆っていましたが、もともとが食べ物屋さんの物件を改装するほうが

衛生面も、お金の面もよいということが分かりました。

 

今のお店は、もともとがケーキ屋さんだったので、とてもよい物件でした。

また、人通りが多いところで、お店の工事中から、何ができるだろうと通る方が見てくださって

オープンを待ってくれるということにもなりました。

建築士の木下さんと、私たちの好きなもののテイストが似ていて、ピンタレストの写真を

木下さんに見てもらったので、お店のイメージがすぐ理解していただきました。

 

 予算の中から、こだわるところにはお金をかけて、そうでないところはお金をかけずに

工夫をして、イメージに合う店舗ができあがりました。

 

:どのくらいの商品を販売しているのですか?

 

:焼き菓子は18種類から20種類くらいです。

今まで教室やイベントで作ってきたレシピの中で人気のあるものを改良して作ってきました。

それもお店をするのに、どのくらいの数や種類を販売しなくてはならないかを計算しました。

 

:せっかくなので1日の朝から夜までのスケジュールをざっと教えてください。

 

:お店のお客様は、午前中に来られる方が多く、午後になって近所のママ友がお茶をしにきてくれる

という感じなので

午前はお菓子の販売が中心で

午後は昼ご飯を食べたあと、仕込みの作業が中心です。

7時半に家に帰る感じです。

 

私は朝、出勤が早いのですが、夫が朝ごはんを子供に食べさせて、そうじや洗濯を済ませてお店に

来てくれるので、助かります。

 

今の生活は、好きなことをしているので、本当に、いやなことがないので、毎朝自転車でお店に向かう途中、

幸せすぎて、涙が出そうになるくらい、幸せです。

忙しくなって、子どもが我慢している気もしますが、大きくなってきたので、わかってくれているようです。

 

あと、うまくやっていく秘訣は、「気持ちを、もちあげること。」です。

私がたまに落ち込んでへこんだときも、夫はすごくポジティブで、

「笑っていようよ!脳みそはバカだから、笑っていたら、楽しいんだと思ってしまうから、笑ったらいいよ!」

と、言ってくれるんです。

 

夫の仕事は、アパレル関係だから、今のお店の仕事は、まったくできないんです。

ですが、できたら、一つでもほめる。

できたねー!と喜んであげてます。

P1012080_2 

 

:お店は大人気ですが、どのくらいお客様が来られるんですか?

 

:そうですね、1日100人くらいです。夏は少し落ち着いたんですが。

 

:これからは、どういうことがしたいですか?

 

:そうですね。ずっとお菓子を作っていたいです。続けていきたいです。

 そして、お客様のお子さんが、大きくなって、また戻ってきてくれるようなお店になりたいです。

 

:これから起業をしたいという方へ、アドバイスを何かいただけますか?

 

:「人に言うことがとても大切です」

こういうしたいんだー、とか、あれやりたいんだけだー、と誰かに話していると

行動につながり、自分を動かすことになります。

 インスタや、Facebookで、「やります!」 と、言っちゃうと、協力者が表れて、仲間ができますよ。

 

P1012077_2

 

会場いっぱいになるほどのご参加者が、しづかさんのお話を興味深く聞き入っておられました。

少し先を行く先輩の実体験が、参考になれば幸いです。

 

 終わり

インタビュアー さとうみどり

 

■次回 第2回 ワタシの店づくり物語 喫茶めくる 荒井めぐみさんをお招きして・・

9月28日(水) 14:30~16:00 

場所 ハーストーリィハウス

申込 Tel 082-942-1191(平日9:00~18:00) (株)ハーストーリィプラス

お電話、または、応募フォームから

 

(2016.09.02)

Page Top